Skip to content

西宮で葬儀を行うときの種類について

葬儀はいくつかタイプがあります。

遺族の方、または故人が生前に指定しておくこともあるといいます。大きく分けると、家族葬、一日葬、一般葬、直葬、の4種類のものがあります。西宮でも同じで、葬儀をするときにはご遺族の方がどのような種類の葬儀にするのかを決めるのですが、最近は生前に故人がお葬式の種類を希望して、その通りにお葬式を行うことも多くなってきました。西宮でも同じように、ご遺族、または故人の希望により、葬儀会社がお葬式の準備をいたします。西宮にある葬儀会社でもいろいろなタイプのお葬式を準備しているので、一度相談してみるといいです。

まず、家族葬というのは、その言葉通り、故人の家族だけでお葬式を行うタイプのものです。このタイプのお葬式はご遺族が参列を希望した人など以外は参列することができない、ということで、ご遺族が故人とゆっくりと最期の時間を過ごすことができるということで選ばれることが多いです。一日葬は、一日でお葬式を執り行うタイプのものです。

ですが、勘違いしやすいのが、故人が亡くなってから一日でお葬式を執り行うということではなく、一日だけでお葬式を行う、という意味です。直葬というのは、亡くなった病院などからすぐに火葬場へ行き、お葬式を行うというものです。すぐに火葬をしてしまうのですが、その後、改めてお葬式を行うという場合にも選択されることがあります。一般葬は昔から執り行われていたもので、参列したことがある人も多いといえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *