Skip to content

西宮で葬儀を考えている場合

最近は、葬儀について、まだ元気な時から考えている人が増えています。

残された子供に迷惑がかからないように、早めに手続きを行う人も少なくありません。葬儀社によっては、早いうちから予約できるところもあります。高齢化が進む日本では、身寄りのない高齢者同士の夫婦も多く、葬儀のスタイルも昔に比べると変わってきています。身寄りがほとんどいない場合、火葬式と呼ばれる直葬を希望する人も多いです。火葬式は、通夜や告別式などの儀式を行わずに、親しい人だけで火葬場に行って、最低限の火葬だけを行います。

コストを低く抑えることができるため、残された家族の経済的な負担も少なくて済みます。ここ数年で、急速に希望者が増えているのが、家族葬です。家族葬は、西宮でも人気が高く、西宮の葬儀会社のメニューを見ると、多くの会社で家族葬を取り扱っています。西宮は人口が多い場所なので、家族葬を利用する人も多いです。家族葬は、基本的に家族や身内、友人だけで行われます。

通夜や葬儀、告別式、火葬は行いますが、規模が小さいため、家族の経済的な負担や精神的な負担が少ないというメリットがあります。従来の一般の人を呼ぶお葬式だと、家族は参列者の対応などで忙しく、故人とゆっくりお別れができなかったと後悔する人もいます。しかし、家族葬であれば、家族、身内、友人が、故人を偲んでゆっくりとお別れすることができます。ただ、後で亡くなったことを知らなかった人とトラブルになることもあるので、親しい人だけで家族葬を行って、後でお別れ会を開くというケースもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *