Skip to content

西宮での葬儀を選択する方法

西宮での葬儀を考えた場合は、まず家族で葬儀の形態を話し合っておくのが望まれます。

以前は、一般葬一択という状況でしたが、現在は状況が一変しています。従来通りの一般葬は四割ほどとなり、家族葬が三割を占めるまでに増えています。もはや横並びを気にして選ぶ必要がまったくない状況となっています。葬式の形態については、本人の希望と家族の意向を伝え合って、ある程度の目途をつけておいた方がいいでしょう。もちろん、それをしていなくてもかまいません。その場合は、遺族が本人の希望を類推することになりますが、遺族の意向が優先するケースも多いですから、事前の話し合いが必須というわけでもありません。

話し合って目途をつけた後は、インターネットでその時点での葬儀事情を見ておいてもいいでしょう。ただ、葬儀をすることになるのは、10年後になるか20年後になるかわかりませんので、互助会に入って事前予約するようなことはしないことが大事です。西宮には数多くの業者があり、ほとんどどこでも365日、24時間態勢で西宮で待機しています。

葬儀をすることになってから、リアルタイムの情報をインターネットで検索し、比較検討したうえで吟味し、その時点で最も希望に合うプランに決めましょう。選んだ業者にはその後で連絡し、面談の上依頼します。この方法なら、喪主が主体的な選択をし、選択したとおりの葬式ができます。事前予約すると、リアルタイムでの最良の業者を選ぶということができなくなりますから、やめておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *