Skip to content

西宮で葬儀をする時にはまず事前相談をしましょう

病院で医師に「延命治療をしますか」と問われるような家族がいる場合は、お葬式をしなければならないと感じますが、普通はお葬式のことを考えるのは縁起が悪いと一般に考えます。

しかし、家族が亡くなり、お葬式をしようと思ってもどこの葬儀社に頼んでよいかもわかりません。日本消費者協会が「葬儀に関するアンケート」で葬儀費用は全国平均189万円必要だったと報告しています。そのうちお葬式そのものにかかる費用が122万円、お寺の費用が45万円、参列者への飲食費やお返しの費用が、34万円と報告されています。お葬式をする時は、まず、家族葬にするもか、一般葬にするのか、直葬火葬にするのか、お葬式の形を決めておく必要があります。

お葬式の費用は、参列者の数によって違ってくる飲食費や返礼品の費用も含まれていますから。西宮市のもいろいろな葬祭会社があり、何処を選ぶのがいいのか、迷うところでしょう。家族に、高齢者がいるような場合できれば、いくつかの葬儀社で事前相談をすることをお勧めします。しかし、西宮にある葬祭会社でも、基本の費用は決まっていますが、西宮周辺の習慣の違いにより、細かいお葬式の伝統が異なっていて、その他の費用の設定が違っています。

従って、お互いの葬祭会社の費用の比較は、できにくい状況です。それぞれの葬祭会社に足を運んで、葬祭会社の雰囲気を知り、どの程度の費用が必要か知っておく事が大切です。まず、事前相談を嫌うような葬祭会社は避けたほうがいいのです。事前相談をしておくと、突然のお葬式を行わなければならない時に、電話をかければ寝台車が迎えに来てくれて後のお葬式の流れガスムースに行きます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *