Skip to content

お葬式の際の服装について

お葬式への出席は突然のことが多く、用意が揃わないことがままあります。

特に、服装と持ち物には悩む人が多いのではないでしょうか。お葬式に出席する時の服装は黒と決まっています。それは、洋服だけではなく、バッグ、靴、ストッキングにも当てはまります。しかし、黒ならばどんなものでもいいというわけではありません。胸や背中が大きく開いていたり、フリルなどがついたデザイン、あるいは肌が透けて見えるようなワンピースなどはいけません。

また、黒いスカートに白いブラウスを組み合せをする人もいますが、これもいけません。女性の場合、白というのは「ウエディングでの花嫁さんの色」とされていますので喪服にはふさわしくないのです。アクセサリーを付ける場合は地味めのデザインの真珠で、ネックレスなら、一連ものを選びましょう。ストッキングは黒であっても柄物は控えましょう。靴やバッグの素材ですが、黒でも、エナメル製のものは光る素材ですので避けましょう。

なるべく、装飾の少ないものが勧められますが、少しくらいのゴールドは大丈夫です。また、シルバーの場合は問題ありません。お葬式には強い香水も抹香の香りと喧嘩しますので、やめましょう。真っ赤なマニキュアもそぐいません。口紅は薄くさす程度で自然なメイクを心がけましょう。また、雨が降っていた場合の傘ですが、黒でなくてもかまいませんが、色や柄も地味なものを選ぶことを忘れないようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *