Skip to content

お葬式の時の不祝儀袋について

昔はお葬式の時に、亡くなった方に対して哀悼の意を込めてお香を持っていくのがしきたりでした。

現在はお香の変わりに現金を包みます。いわゆる、「お香典」です。お香典の金額は故人との関係で、違ってきます。一般的には5千円が相場ですが、もしも自分の方が亡くなられた方よりも上の立場だったり、または親族の場合はそれ以上の金額ということになります。もしも、職場の仲間など、いくら包んだらよいかわからない場合は、2千円~3千円ずつ集めてまとまった金額にしてから、連名という形で持っていっても失礼にはなりません。

不祝儀袋を選ぶ時に気をつけたいのが、亡くなった方の宗教です。わからない場合も含めて、表書きは「御霊前」と書けば、どの宗教にも通じるので無難です。ただし、神道やキリスト教のお葬式の場合、ハスの押し印のある不祝儀袋は避けましょう。表書きは薄墨の筆ペンで書くのが正式です。

中袋の表には金額を、裏には住所、氏名をきちんと書いておくことをおすすめします。というのも、お葬式はそうでなくても忙しいので、式後の事務処理を助ける意味でも書いておくと、遺族も混乱しません。ちなみに、不祝儀袋は宗教によって違ってきます。キリスト教の場合はユリの花と十字架の印刷をしたものを使います。表書きは「御霊前」のほかに「お花料」と書きます。神式の場合はお焼香をする代わりに、玉串でお香典を納めます。表書きは「玉串料」と書くのが普通です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *